太陽光発電 三菱電機 モニター

三菱電機の太陽光発電のパワーモニターは買電量も分かる!!

三菱電機の太陽光発電のパワーモニターは買電量も分かる!!

 

太陽光発電は火力発電と違い、太陽の光エネルギーを
電力に変換して電気として使います。
だから二酸化炭素を排出しないので、空気を汚さないんですよ。

 

電力が余れば、電力会社に売ることができるので
メリットがいっぱいですよね。

 

もし太陽光発電を設置するなら、発電量が多い三菱電機の
太陽光発電システムがいいですね。
太陽光発電は、電力を買ってもらえるのが魅力ですが、
余らなければ売れないですよね。

 

発電量が多い三菱電機の太陽光発電システムを選びたいですよね。

 

 

また、三菱電機の太陽光発電システムにはパワーモニターがあるんですよ。
このパワーモニターを見れば、発電量や消費電力・売電が
ひと目で分かるんですよ!

 

更に、三菱電機のパワーモニターは買電量も分かるんですよ!!

 

 

三菱電機のパワーモニターを見るだけで、省エネの情報が分かるんです。
このパワーモニターは、時間帯で消費電力が分かるので
計画を立てて、電気代の節約に役立つでしょう。

 

 

太陽光発電は屋根に設置するので、近くて見ることができません。
パワーモニターがあれば、今の消費電力などの状態が
しっかり分かりますよね。

 

パワーモニターは無線なので、テレビとパワーコンディショナの間は
無線通信もできるんですよ。

太陽光発電とローン

 

太陽光発電とローンについて。
太陽光発電には、「ソーラーローン」というものがあります。
このローンは、低金利・無担保で借入をすることができ、
上手く利用すると、100万円単位のお金を用意せずに、
太陽光発電を設置することができると言われています。

 

 

太陽光発電は、決して安い買い物ではありません。
以前よりも、安く購入できるようになったとはいえ、
初期投資は100万円以上かかります。
設置費用はどんどん安くなっていますが、
初期投資がどうしても高額になってしまうため、
設置を留まる人は少なくないと言います。

 

 

また、売電収入や節電で、約10年で元を取ることができるとはいえ、
初期投資でここまでかかってしまうと、厳しいですよね。
しかも、住宅ローンを抱えていれば、尚更初期投資100万円以上は、困難。

 

 

 

そこで注目したいのが、「ソーラーローン」というわけなのです。
この制度は、銀行や信用金庫などの金融機関を利用し、
太陽光発電を導入することを前提に、融資を受けることができます。
地域によって受けられる融資は異なりますが、
それでも低利息で無担保で借りられるのは、有り難いですよね。

 

 

単純に計算をしても、毎月の返済額は14.484%になります。
これは、3.5kwで150万円の太陽光発電であった場合です。
ローンを全額で借りた場合でも、前途のとおりのパーセンテージになります。

太陽光発電とワット数

 

太陽光発電とワット数について。
太陽光発電を導入する前に知っておきたいこと。
1つは、ワット数です。
いわゆる発電量のことで、1年間の総消費電力を知ることで、
計画的に太陽光を設置することができます。
また、節約をする際も、ワット数を知っておくと助かりますよ。

 

 

ワット数は、国によって異なります。
日本の場合、一世帯あたりの年間総消費電量は、5600kwとされています。
家族4人で住んでいる場合の目安ですが、
年間消費電力の70%くらいを発電するシステムであれば、
昼間の電力をほぼまかなえることができます。
よって、約5600kw消費することになります。

 

 

 

これらのワット数と消費電力を計算すると、
5650kw×70%で約4000kwhは一世帯に必要になります。
また、通常、発電量1kwの太陽光システムで、
年間約1000kw発電すると言われています。
これを計算すると、4000kwh÷1000kwhで、
3.5kw〜4kw程度を発電する太陽光システムがあれば、
十分生活できることになります。

 

 

もちろん、住んでいる環境なども、考慮しなければいけません。

 

太陽光発電 住宅向け

太陽光発電について